Date Policy,etc.
2013-03-20 黒田日銀総裁就任
2013-04-04 「量的・質的金融緩和」の導入について
  1. 2%、2年、2倍
  2. 60-70兆円/年マネタリーベース増加
  3. ETF:1兆円/年、J-REIT:300億円/年
  4. イールドカーブ全体の金利低下
  5. 『まず、第1に、戦力の逐次投入をせずに、現時点で必要な政策を全て講じたということです。』
  6. 『今回、必要な措置は全て採ったと言ってよいと思います。』
2014-10-31 「量的・質的金融緩和」の拡大
  1. 80兆円/年(10-20兆円追加)マネタリーベース増加
  2. ETF:3兆円/年、J-REIT:900億円/年
  3. イールドカーブ全体の金利低下
2015-12-18 「量的・質的金融緩和」を補完するための諸措置の導入
  1. 3,000億円の「設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業」ETF枠
  2. イールドカーブ全体の金利低下
2016-01-29 「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入
  1. 当座預金3段階金利(プラス金利(+0.1%、基礎残高)、ゼロ金利(マクロ加算残高)、マイナス金利(-0.1%、政策金利残高))
  2. イールドカーブ全体の金利低下
2016-03-15 当面の金融政策運営について
  1. マクロ加算残高見直し
  2. ETF:3兆円/年→3.3兆円(「設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業」ETF分の0.3兆円)
  3. イールドカーブ全体の金利低下
2016-07-29 金融緩和の強化について
  1. ETF:3.3兆円/年→6兆円/年
  2. イールドカーブ全体の金利低下
2016-09-21 金融緩和強化のための新しい枠組み:「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」
  1. イールドカーブ・コントロール
  2. オーバーシュート型コミットメント
2016-09-21 目で見る金融緩和の「総括的な検証」と「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」
  1. 『ところが、その後、①2014年夏以降の原油価格の下落と消費税率の引き上げ後の需要の弱さ、②2015年夏以降の新興国経済の減速とそれを受けた世界的な金融市場の不安定化という逆風が吹いて、実際の物価上昇率が低下してしまいました。』
2016-11-17 「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」公表以降初めての固定利回り方式による国債買入。
2017-02-03 固定利回り方式による国債買入。
  1. 『日銀は3日昼、あらかじめ決まった価格(固定利回り)で無制限に買い入れる指し値オペ(公開市場操作)を通知した。昨年11月17日以来2度目の通知となる。』(日本経済新聞Webサイトより引用)
2017-03-24 国債売現先オペレーション通知。オファー額は1兆円。
  1. オファー (3月24日<金>)
  2. 3月末におけるレポ市場の国債需給タイト化への対応について
2017-05-10 (日銀政策関連として)財務省は国債応札義務引き上げ(4%→5%。2017年6月27日より適用)を公表。出典:ロイター
2017-05-31 日本銀行の資産(=負債+純資産)が500兆円を超える。
2017-07-07 固定利回り方式による国債買入。
  1. 『国債買入(固定利回り方式)(残存期間5年超10年以下)』
  2. 『国債買入(固定利回り方式)(残存期間5年超10年以下)の固定利回較差は、0.015%。この結果、10年利付国債347回の買入利回りは、0.110%となる。買入金額に制限を設けずオファー。』(ともに日銀Webサイトより引用)